「がまんしない省エネ+創エネ」で安全・快適・健康なスマートハウスを実現

ZEH(ゼッチ)とは…

住宅の省エネルギー化と太陽光発電等によるエネルギーの創出により、
1年間で消費するエネルギー量を正味で概ねゼロ以下とした住宅のことです。

ZEH(ゼッチ)にはどんな施工・設備が必要なの?

建物の省エネ
日射遮蔽
室外からの熱気をさえぎって涼しい家に。エアコンも良く効きます。
高断熱窓
開口部の断熱はとっても大事!自然の風を利用してエコに空調します。
高断熱外皮
家ごと熱を逃さないので部屋ごとの温度差が少なくて快適!冷暖房も少しでいいので光熱費もお得に。
設備の省エネ
省エネ換気設備
換気により、高気密でも結露が発生しにくいのでダニやカビを予防し建材の腐食も防ぎます。
高効率照明
高効率空調
高効率給湯
創エネ
太陽光発電
発電した電力の余剰分は電力会社に買い取ってもらい、夜間や雨天時は電力会社の電気を使います。
蓄電池システム(※)
太陽光発電で余った電気を貯めておけばいつでも使えます。
エネルギー管理システム
「使った」「創った」「蓄えた」エネルギーを「見える化」して管理する装置です。

※蓄電池システムはZEHに必須ではありませんが、太陽光発電等による電力の自家消費量を増加させる目的で購入する場合は国のZEH補助金の補償対象です。

一般住宅とZEH(ゼッチ)のエネルギー消費量の違い

省エネと創エネの相乗効果でエネルギー収支が概ねゼロに!

※「一次エネルギー」とは、石油、石炭、天然ガスなど自然から採取されたままの物質を源としたエネルギーのことです。
※グラフはあくまでも一般例のため、各家庭により数値等は変化します。

ZEH(ゼッチ)のメリット

1

快適で健康な暮らしが実現!
高断熱性で夏は涼しく、冬は暖かに。換気システムなどでダニやカビ、腐食を抑制。

2

光熱費を削減!!
高断熱に加え、高効率の設備を併用することで光熱費を大きく削減できます。

3

蓄電システムで停電時も安心!
創エネによって余った電力を蓄電することで、停電時も安心です。

4

支援制度があります!
国よりZEHに対する補助金制度が実施されています。

ZEH(ゼッチ)に関する支援制度について

国ではZEHに対する補助金制度を実施しています。

ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業

申請には、補助金執行も指定機関である環境共創イニシアティブ【SII】に登録されているZEHビルダーが、設計、建築または販売を行う住宅であることが条件です。(交付には審査があります。)

補助金額:75万円/戸 + 蓄電システム 4万円/kWh

補助金額:
75万円/戸+蓄電システム 4万円/kWh

詳細は環境共創イニシアティブ【SII】ホームページヘ

国のZEH補助金では「太陽光パネルは補償対象外」です。大阪府では低利ソーラークレジット(※)を実施していますので、ご活用ください。また、大阪府内の市町村で、太陽光パネルやスマートハウスを対象にした補助金制度を実施している場合があります。
おおさかスマートエネルギーセンターのホームページで随時情報を掲載しています。

gotop